メタルボンドは中が金属でできているため、強度があり、変色もしにくいのが特徴です。

  • 文字サイズ

オンライン予約

オンラインカウンセリング

診療予約・カウンセリング | 0120-66-2118(受付時間 平日10:00~19:00)

クリニック一覧

お知らせ一覧

審美歯科

  1. ホーム
  2. 診断メニュー
  3. 審美歯科
  4. メタルボンド

診断メニュー

One Tooth One Life

クリニックのご案内 | KU歯科クリニック

メタルボンド

メタルボンド冠とは中身は金属で、外から見える部分にのみセラミック(陶器)を貼り付けたクラウン(被せ物、差し歯)です。(陶材焼付鋳造冠とも呼ばれます)
非常に強度があり、変色もしにくいので、どこの部位の歯でも使用でき、とてもよく使用されています。

メタルボンドとは?

メタルボンドは中が金属でできているため、非常に強度があり、変色もしにくいのが特徴です。

メタルボンドとは、外見がセラミックで、中身は金属でできている被せ歯、差し歯です。陶材焼付鋳造冠と呼ばれることもあります。色が本物の歯に似ているので、見た目がとてもきれいな被せ歯、差し歯です。
メタルボンドは中が金属でできているので、非常に強度があり、変色もしにくいので、どこの部位の歯でも使用でき、とてもよく使用されています。金属アレルギーの人でも、中に使う金属を貴金属にすることで、金属が溶け出すこともありませんので、安心して使用することができます。
しかし、金属の種類によっては、長年使用している内に金属が溶け出す可能性があり、金属アレルギーを引き起こしたり、歯茎が変色してしまうこともありますので、メタルボンドを装着するまえに、どのような金属を使用するのか確認しておくことが大事です。
また、メタルボンドは外見は良いですが、裏側から見ると金属が丸見えです。それが気になる人はメタルボンドは向きませんので、他の治療法を検討しましょう。

メタルボンドのメリットとデメリット

メタルボンドのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

  • 見た目が良く変色せず、強度も強い

デメリット

  • 長年使用しているうちに金属が溶け出す可能性がある
  • 金属アレルギーを引き起こし、歯茎が変色してしまうことがある
  • 裏側から見ると金属が丸見えで審美性に問題がある

ドクターからの一言アドバイス

KU歯科 青山
院長 吉野 綾

中の金属フレームを鋳造してつくるため複雑な難症例に適していますが、長期安定性を現在のオールセラミックと比較すると若干劣ると思います。但し、何かあった時に修理が容易にできる仮止めができるというメリットがあります。

PICK UP

わたしたちが総合歯科クリニックにこだわる理由
KU歯科クリニックは口腔内全体のバランスを考えた全体治療にこだわっています。
なんで歯科医院によって、こんなに費用が違うの!?
歯科医院によってインプラント費用が異なる理由を教えします。
意外に知らない!?インプラントの本当!?とウソ!?
意外と知られていないインプラントに関する本当とウソをご紹介します。
  1. ホーム
  2. 診断メニュー
  3. 審美歯科
  4. メタルボンド
ページの先頭へ

Copyright (c) 医療法人社団 京和会 KU歯科クリニック(東京 渋谷 表参道 青山 銀座 世田谷 成城 品川 大阪). All Rights Reserved.