歯科に関連する用語の解説「歯周病」「歯槽膿漏」

  • 文字サイズ

オンライン予約

オンラインカウンセリング

診療予約・カウンセリング | 0120-66-2118(受付時間 平日10:00~19:00)

クリニック一覧

お知らせ一覧

用語集

  1. ホーム
  2. 用語集
  3. 歯周病、歯槽膿漏

用語集

クリニックのご案内 | KU歯科クリニック

歯周病

歯周病とは?
歯肉、セメント質、歯根膜および歯槽骨より構成される歯周組織に発生する疾患の総称である。
歯周疾患、ペリオ (perio) ともいい、ペリオは治療のことを指すこともある。
※ただし、歯髄疾患に起因する根尖性歯周炎、口内炎などの粘膜疾患、歯周組織に波及する悪性腫瘍は含まない。

歯垢(プラーク)を主要な原因とする炎症疾患が多いが、単に歯垢のみでなく、多くの複合的要因によって歯周病は発生する。 また、歯垢が一切関係ない(非プラーク性)歯周疾患も多数存在する。 さらに、原因因子には個人差があり、歯周病の罹りやすさや進行度合いは人によって違う。

歯周病のうち、歯肉に限局した炎症が起こる病気を歯肉炎、他の歯周組織にまで炎症が起こっている物を歯周炎といい、 これらが二大疾患となっている。
歯肉炎で最も多いのはプラーク性歯肉炎(単純性歯肉炎)であり、歯周炎のうちで最も多いのは慢性歯周炎(成人性歯周炎)であるため、 歯肉炎、歯周炎といった場合、それぞれ、プラーク性歯肉炎、慢性歯周炎を指すのが一般的である。

歯周病は人類史上最も感染者数の多い感染症とされ、ギネス・ワールド・レコーズに載っているほどである。

歯周病の治療の考え

歯周病の基本治療は、原因の除去つまり、主因子であるプラークの除去で、 修飾因子の除去、外傷性咬合の除去、SPTおよびメインテナンスによる、回復した口腔の健康の維持などがある。

歯周病の治療の流れ

一般的に、歯周病の治療への患者の導入、検査・診断と治療計画の立案、歯周基本治療、再評価と治療計画の修正、(必要に応じ) 歯周外科治療、再評価、SPT、治癒となる。
歯周病治療にはモチベーション(動機付け)、炎症に対する処置(プラークコントロール、スケーリング、スケーリング・ルートプレーニング、 歯周ポケット掻爬、プラークリテンションファクターの改善、局所薬物配送システム、保存不可能な歯の抜歯)、咬合性外傷に対する処置が含まれる。

歯槽膿漏とは?

歯周病が最も進行した段階で、歯科医による早急な治療が必要です。
歯槽膿漏とは、歯周病の中でも最も重い症状で、何もしなくても歯ぐきから血や膿が出たり、ひどい口臭が発生したり、歯がグラグラしてきます。
もし、そのまま症状が進行してしまうと、歯が抜け落ちてしまう可能性もあります。

  1. ホーム
  2. 用語集
  3. 歯周病、歯槽膿漏
ページの先頭へ

Copyright (c) 医療法人社団 京和会 KU歯科クリニック(東京 渋谷 表参道 青山 銀座 世田谷 成城 品川 大阪). All Rights Reserved.