インプラント治療

相談のタイミング

もしインプラント治療を希望する場合、
どのタイミングでご相談したらいいんですか?

答えはできるだけ早くです。

もちろん抜歯されてからでもいいのですが、
もしもその後インプラント治療を目指す可能性があるなら、
できるだけ早めに拝見させてもらうと嬉しいです。

インプラント治療の経験が長く、
高いゴールを目指しいている先生であればあるほど、
抜歯を丁寧かつ繊細に行っています。

抜歯時に周囲組織を痛めつければその分痛みや腫れも大きくなり、
治癒していく過程での形態の変化も大きくなります。
骨や歯肉が痩せちゃうってことです…。

抜歯時にキチンと感染物を取り切れてるかどうか。
実際に直接触って骨質が硬めか軟らかめかを確認したり。
抜歯時にしか収集できない情報がたくさんあるんです。

そして条件が揃えば抜歯と同時にインプラントを入れることもできるし、
もし同時でなくても骨造成だけは抜歯と同時に行うことも可能です。
最近では歯根の一部を意図的に残して組織の形態を維持するなんて方法も。

なのでご相談はできるだけ早いほうがいい。
もちろん抜歯後数…数か月…数年経過してても大丈夫。
早ければそもそも抜かずに残せるかもしれませんしね。

抜歯後とりあえず入れ歯にしてみた。
でも違和感が強く使ってない。
もちろんここからでもOK。

ブリッジにしちゃった後でも可能は可能…ですが、
前後の健康な歯をブリッジにするために削った後ですから、
ちょっと後悔が残っちゃうかもしれません。

ご相談はお早めに…。

関連記事

KU歯科のクリニック

クリニックのご案内