抜歯とインプラント治療の依頼 | インプラント、矯正歯科、審美・ホワイトニングなど歯科(歯医者)を東京でお探しならKU歯科クリニック

インプラント

抜歯とインプラント治療の依頼


頬側の皮質骨が大きく吸収していることや、
嚢胞の上顎洞底までの広がりをみてなのか、
インプラント治療は難しいからブリッジは?
…と複数の歯科医院で言われたそうだ。

保存不可能なのは納得できるがブリッジは嫌だ。
入れ歯も違和感が大きいので絶対に入れたくない。
前後に補綴物が入っている事もあって、
触りたくないし負担かけたくないとご希望。

どうしてもインプラント治療をしたいという事で、
本日世田谷院にご主人様と来院されのです。

ちなみにご主人は「歯医者さん」…。
体調を崩したことなどあって今はもう引退されている。

そんなわけで診断と治療計画の立案はお二人の前で行い、
早速本日抜歯することになった。

抜歯した歯の根尖は溶けており充填材料が露出。
周囲の嚢胞も大きく除去にもかなりの時間がかかった。(写真上)

ちなみに麻酔、抜歯、縫合、義歯の型採りまで、
ご主人様には横で見学していただきながら説明。


通常の2次元のデンタルレントゲンだとこんな感じ。(写真上)

黄色いラインが上顎洞底の硬い骨です。
嚢胞が大きくなって骨を溶かしてましたが、
ギリギリ上顎洞とは貫通してなかった。

2か月後位に骨造成とインプラント埋入を同時に行います。

歯医者さんの奥様が患者さんと言うことで背筋がピンと伸びますが、
期待されてのことだと思いますのでしっかり頑張りたいと思います。

関連記事

     

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内