インプラント

骨粗鬆症の方のインプラント


50代女性。
1年半前に腰を圧迫骨折。
その後骨粗鬆症の注射を半年に一度行なっている。

6年ほど前に当院でインプラント治療をされ経過良好。
今回は反対側の奥2本をどうするかと言うことになり、
患者様は同じくインプラントをご希望された。

主治医の先生に相談すると、
「手術を閉鎖創にして欲しい」
とご指示頂きました。

骨粗鬆症の治療を行うと骨を硬くする反面、
骨が表面に露出した時に治癒が悪く、
最悪の場合は壊死することも稀にあります。
なのでインプラント治療を行う場合は、
歯肉で隙間を埋め外界からの交通を遮断しなければならない。
骨が露出する時間を作らないよう注意が必要。
つまり貫通させる1回法ではなく完全に閉じる2回法が安全。
上の写真の様に緊密に縫合しました。

でも実はインプラントがどうのと言う前に、
抜歯するときの方が注意が必要なのです。
抜歯した穴からきちんと出血して、
その血液が血餅となり穴を封鎖。
そして開放創にならないような緊密な縫合。
こういった注意が必要です。

そういった注意点を守って行えば、
抜歯もインプラントも可能。

最初からあきらめてる方も多いようですが、
外科処置のスキルのある先生はこんな対応ができるはず。
是非ご相談して見てください。

ここ数年サプリの様に骨訴訟症のお薬を飲んでる方が増えた。
ちょっと安易に飲んでるんじゃないかなと危惧することも。

まだ飲み薬の場合は良いのですが注射となると注意が必要です。

関連記事

     

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内