どれくらい骨造成が必要か… | インプラント、矯正歯科、審美・ホワイトニングなど歯科(歯医者)を東京でお探しならKU歯科クリニック

インプラント

どれくらい骨造成が必要か…

2月初めに歯根破折で抜歯。
軟組織の治癒を待ち本日インプラント埋入。

2番目の前歯は元々小さな歯。
なのでそもそも厚みも幅もないので、
極細のインプラントを選択し骨造成併用。
将来骨が痩せても問題が起きないよう予め内側に。

ノーベルバイオケア アクティブ 3.0X11.5

大掛かりな骨造成を行ったとしても、
最初の2.3年は良いが5年10年15年と経過すると、
必要以上に増やした分は結局痩せてくる。
なのでは安易に太めのインプラントを選択すると、
後で支持骨不足でトラブルになってしまう。
なのでどんなに骨造成がうまくいっても、
過重負担が問題なければやや小さめを選ぶ。

その時良くても加齢とともに周囲環境が変化するので、
そのためのリスクヘッジを常に考えておかなければなりません。

局所麻酔下で約15分ほどで終了。
スムーズなインプラントオペで3月最後の月曜が始まりました。

インプラントサイズについて

太すぎるインプラントを入れない理由
合わせてお読みください。

 

関連記事

     

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内