日本口腔インプラント学会in福岡 1 | インプラント、矯正歯科、審美・ホワイトニングなど歯科(歯医者)を東京でお探しならKU歯科クリニック

インプラント研修

日本口腔インプラント学会in福岡 1

今年の日本口腔インプラント学会は福岡。

昨日夕方の専門医教育講座には数千人が集まりました。
福岡って流しのタクシーが少ないんですね。
帰りが大変だった…。涙

こちらの講演をされた某教授のお話。

インプラント治療も10年位で交換が必要…
って患者さんに言えればいいんですよね。
人工股関節を行うお医者さんは10年ごとに交換だよ…
って最初から患者さんにお話ししてる。
人間は加齢とともに誰もが変化していくから、
微調整で限界が来たらその時々の環境に合わせる。

実際もっと長持ちするが上部構造は消耗品でもあるし。
よく咬めれば咬めるほど摩耗していきます。
良いタイミングで上部構造だけでも交換して、
他の歯とのかみ合わせのバランスを整える…。
天然の歯だって減るんだからインプラントも同じ。

…とのこと。

タイミング良くリペアした方が骨内のインプラントが守られる。
そんなことを私も常々思いセミナーでも話してます。

超高齢化社会に突入している日本。
身体が不自由になった際には様々な人がサポートする。
医師、看護師、ヘルパー、ケアマネージャー…。
挙げればきりがないほど様々な職種の人が関わるのだ。
そしてその人たちにあまりにも口腔知識がない…。涙

かみ合わせと痴呆
歯周病と高血圧・糖尿病
咀嚼嚥下と誤嚥性肺炎

などなど口腔から全身の健康管理をする必要性。
なかなか理解してもらえないんですよね…。
「清掃しにくいので除去して入れ歯にしてくれませんか?」
そんなことを依頼されることが多いのだそうだ。

健康寿命

を延長させるために「食事」はかなり重要じゃないですか。
そんなことを他の職種の人たちに理解を深め、
チームで済みやすい生活環境を構築しなければなりません。

関連記事

     

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内