生涯現役 | インプラント、矯正歯科、審美・ホワイトニングなど歯科(歯医者)を東京でお探しならKU歯科クリニック

KU歯科クリニック

生涯現役

KU歯科クリニックは都内に7医院あります…

初めてお会いするかたにこんな話をすると、

治療しないで経営者なんですね…

って100%言われます。涙

まぁ私の見かけが原因かもしれませんが、
ちょっと…かなり悲しくなります。
こんなに頑張っているのにそれかよって。
でもわからないんだから仕方ないですよね。

たしかにたくさん分院展開している歯科グループの代表者で、
臨床現場から遠ざかってマネージメントのみの方は多い。
私の知ってる先生にもそういう方はいらっしゃるし、
逆にそういう方は教育や管理などがとてもお上手。

医療は日進月歩だし拘束時間もとても長いので、
臨床と経営の両方をバランスよくやるのは本当に大変。汗

一昔前と違い今は一般の方もご存じないように歯科業界はとても厳しい。
他業界からしたら当たり前ですがきちんと戦略を持って戦わなければならない。
競争が激しくなればそれだけ質やサービスは向上するので、
結果的に患者様に還元されることになる。

経営効率ばかりを求めすぎると大きな問題が起こる可能性もある。
鋭利を追求するがあまり大切なステップを省いてしまったり、
リストラで労働環境も悪化していけば事故も起きやすくなる。
様々な仕事の中で医療だけは良心やモラルを忘れてはならないのだ。

日本の法律では、医療法人の理事長は医師か歯科医師しかなれない。
法の目をかいくぐってグレーな形で運営されてる医療機関もあるが、
基本的には特殊な場合を除いては一般の方は医療機関を開設できないのだ。
プレイヤーがマネジメントして大切な部分を守ろうという意味だと勝手に解釈している。

最近は歯科業界にも経営マネージメントを勉強する機会がかなり増えた。
私達が開業する頃ってたぶんそんなセミナーは1つもなかったように思う。
一般の方からも心配されるくらい厳しい歯科業界だから当然と言えば当然。
業界誌を見ると「〇〇が△△%アップ!」と目を疑いたくなるようなものも…。

私も歯科医院マネージメントについての講演は過去に何度もしたことがある。
この手の講演は誤解を招きやすくしばらくお断りしていた。
最近はあるグループ向けに年間12回連載のコラムを書いたり、
一定のコンセプトに基づいた少人数の講演は受けている。

あとどれくらい私が歯科医師としてプレイヤーでいられるかわからないが、
元気なうちにこの歯科業界で何か足跡を残したいと思っている。

今日の午前中は大変忙しくインプラントオペは2ケース。
前歯のかなりシビアなケースとこちらの右下奥歯3本。
2ケースともにスムーズに終了しました。

生涯現役

これがKUスタイル。

関連記事

     

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内