親知らず抜歯についての補足 | KU歯科クリニック|インプラント、審美・ホワイトニング、矯正歯科、歯科(歯医者)を東京でお探しならKU歯科クリニックへ

抜歯・親知らず

親知らず抜歯についての補足

親知らずがテーマの記事を書いたからではないが、
今日は…いや今日もたくさんの親知らずの相談を受けます。

いろんな状態の親知らずがありますよね…(写真上2枚)

こういうこと書くと、

「歯牙移植に使えるかもしれないから簡単に抜かないほうが…」

って言われる先生もいらっしゃるでしょう。

もちろんそうなのですがそれはかなり条件が揃った場合。
私だって歯牙移植しますからもちろん安易には抜きません。
でも親知らずは基本大臼歯なのでサイズ的に小臼歯や前歯には無理。
なのでかなり限られた時にしか移植はできないのです。

それに歯牙移植は定着しても神経を取らなければならない事が多い。
昔の親知らずと違って退化傾向にある今の親知らずは、
歯根が貧弱だったり曲がってる事がとても多いから、
神経治療をしっかりするとなるとかなり大変なんですよね。

そうこうしてる間に、手前の歯との間に物が挟まって、

虫歯や歯周病

になってしまう…。

親知らずは抜歯すればそれでいいですが手前の歯はそれじゃ困る。
親知らずのせいで虫歯にしてしまっては絶対に困るんです。
なので痛みや腫れに関係なくちょっと問題を起こしそうなら、
積極的に抜歯したほうが良いという話でした。

日本の歯科治療は対処療法が中心なので、
こういう話をする歯科医師が少ないように思えます。
本当に必要なら自分が苦手でも得意な先生をご紹介すべき。
なかなかそういう歯科医院同士の紹介が根付かないんですけどね。

ブツブツブツ…。

関連記事

     

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内