ウィズダムトゥースアウトの必要性 | KU歯科クリニック|インプラント、矯正歯科、審美・ホワイトニングなど歯科(歯医者)|東京(渋谷・新宿・銀座・青山【外苑前】・世田谷【三軒茶屋】・成城学園・品川【青物横丁】)

抜歯・親知らず

ウィズダムトゥースアウトの必要性

患者様は23歳男性。
しばらく海外に行かれるとのことで、
予防的に親知らずを抜糸しておきたい。
そんなご希望でした。

歯肉を切開剥離してもほとんど歯冠は見えない。
かなり広範囲に骨削合し4つに分割。
歯根も2つに分かれ広がってました。
CTで下歯槽神経との3次元的位置を確認。
かなりの親知らず抜歯を行ってますが、
久しぶりに大変でした…。

顎のサイズに合わない親知らずは、
完全萌出できず虫歯や歯周病リスクも高く、
歯並びに悪影響を与えるとも言われてます。

なのでこんな風に歯根が完全にできてしまう前
中学生くらいの頃に予防的に抜歯することを

ウィズダムトゥースアウト

と言います。
骨も軟らかいので完全に埋まっていてもスムーズ。
矯正医からよくご紹介をうけます。

日本の矯正医はそこまで厳しく言わないようですが、
欧米では矯正治療したらかなりの確率で親知らず抜歯する。

せっかく何年もかけて歯列矯正したのに、
あとから生えてきた親知らずのせいで、
歯列がまた凸凹になったら大変ですよね。
訴訟社会ですから訴えられることもあるらしい。

取り外し可能なプレート矯正が大ブーム。
エステティックサロンのような歯科医院で、
ホワイトニング感覚で行っているようです。
矯正治療はそんなに安易で甘いものではなく、
きちんとした診査診断を元に行わないと、
アンバランスな咬合から問題が大きくなることも。

最近こんなトラブルが多いんだと、
ある歯科関係者が話してました…。

親知らずの状況もきちんと確認しないとね。

 

関連記事

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内