抜歯・親知らず

抜歯のタイミング

上顎の前歯2本の抜歯。

事前に仮歯を準備して、
本日ようやく抜歯しました。

レントゲンで確認するとすでに折れていることはわかっており、
ここ半年の間に何度も腫れを繰り返したとのこと。

バラバラになった歯を取り除き、
感染物を徹底的に除去し止血剤を填入。

抜歯のタイミングがやや遅れてしまったので、
唇側の皮質骨がかなりなくなってしまった。
もしインプラント治療にされる場合は、
中程度の骨造成を行わなければならない。

審美領域のインプラント治療の場合、
抜歯と同時に行った方が仕上がりが良い場合がある。
しかしこれだけ感染範囲が広がった状態では難しい。
まずは抜歯して周囲への感染を防ぐことが大切。

できるだけ抜歯せずに残したいと言う気持ちは、
全ての歯科医に共通すると思うが、
その後の治療方法の選択肢を狭めてしまったり、
周囲の健康な歯に悪影響を与えるなら、
きちんとお話ししてあきらめてもらわなければならない。
それも私たちの重要な仕事。

抜歯の決断

合わせてお読みください。

抜歯のタイミングはとても重要です…。

関連記事

KU歯科のクリニック

クリニックのご案内