インプラント20年経過 | KU歯科クリニック|インプラント、矯正歯科、審美・ホワイトニングなど歯科(歯医者)|東京(渋谷・新宿・銀座・青山【外苑前】・世田谷【三軒茶屋】・成城学園・品川【青物横丁】)

インプラント

インプラント20年経過

20年前に海外で行ったインプラント治療。

患者様曰く長期間メインテナンスを怠ったこともあり、
歯肉は炎症を起こしインプラント支持骨も少し吸収している。
無歯顎に上下8本づつ計16本のインプラントが埋入されており、
上部構造の連結方式はスクリュー固定式だった。

レントゲン像からおそらくN社だろうという予想で器具器材を準備。
予想はビンゴで8か所のスクリューを慎重に外して、
上部構造とインプラント周囲粘膜をクリーニング。
再度スクリューを締め直し仮蓋を装着。

上部構造の適合は良いが歯肉との間に隙間がかなりできている。
修理するか新たに作り直すか検討することになりました。

天然歯同様インプラントも定期的なメインテナンスが必要なのです。
特にインプラントは天然歯より付着歯肉が幼弱なので、
外界から侵入してくる最近に対する抵抗力が小さい。
定期的にチェック&ケアすることが大切なんですよね。

KU歯科クリニックでは当医院で行ったインプラント治療だけでなく、
他院で行ったインプラント治療のメインテナンスも行っております。
不具合や検査などのご依頼ももちろんOKです。
是非ご相談ください。

関連記事

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内