インプラント治療

歯がない人のインプラント治療

・虫歯、歯周病、歯根破折などで歯を全て抜歯しなければならない

・すでに総入れ歯(総義歯)を使い違和感が痛みが大きく改善したい

こんな悩みで困っている方は世の中にたくさんいらっしゃいます。

4~6本のインプラント(人工歯根)を支えにして12~14本の固定式の人工歯を装着する治療法。
総入れ歯と違い歯肉で支えるのではなく歯槽骨に固定されたインプラントが咬む力を支えます。
グラつきもなく安定するので咬む力が強いですし、違和感も小さいので発音もスムーズ。

痩せにくい骨に意図的に傾斜させた4~6本のインプラントを埋入するオールオン4(6)もありますが、
骨量が十分ある場合は骨造成を行いながら可能な限り平行にインプラントを埋入させます。
こちらのケースはほぼ平行に6本のインプラントを埋入し同時に骨造成を行いました。(写真上)

*上顎のみ当院でインプラント治療を行っております

初診はこのように保存不可能な天然歯と機能していない古いインプラントが混在していた状態。(写真上)

まず抜歯と古いインプラントを撤去し歯肉を落ち着かせたのちに6本のインプラントを同時に埋入。
3~4か月で歯槽骨と結合しますので固定式の仮歯を装着ししばらく使っていただきます。
グラつきや歯肉の炎症や痛みがないことを確認して最終的なセラミックに置き換えます。

*上顎のみ当院でインプラント治療を行っております


治療終了後は患者様の清掃状態にもよりますが3か月から半年毎にメインテナンスに来院していただきます。

毎日のセルフケアだけでは行き届かない部分を歯科衛生士によるプロフェッショナルケアで補います。
また上部構造の緩みや破損の放置はインプラントに悪影響を与えますので定期的なチェックも必要です。

多数歯の欠損や大きなトラブルの場合は最初の診査診断と治療計画がとても重要です。
セカンドオピニオンで来院される方も多いのでお気軽にご相談ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
通算18000本以上の経験のある日本口腔インプラント学会専門医が担当
7つのクリニック全てに歯科用CT完備・即日精密検査可能
医)京和会 KU歯科クリニック 渋谷・銀座・青山・新宿・品川・世田谷・成城
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

隣にセラミッククラウンが入った状態のインプラント治療

併せてこちらもお読みください

 

関連記事

KU歯科のクリニック

クリニックのご案内