インプラント

2018年前期 インプラント埋入数

KU歯科クリニックは総合診療を目指す歯科グループです。

健康な歯に負担をかけない低侵襲歯科治療を追求するうえで、
欠損部におけるインプラント治療は矯正治療と並んで大きな柱です。
そういったこともありここ数年インプラント治療症例が増えています。

最近の傾向として簡単なケースはご自分で行う先生が増えました。
なので当医院には骨造成が必要だったり高い審美性を追求するような、
難症例の患者様が数多く来院されるようになったと思います。

もちろん症例数が多ければ良いというわけではありません。
しかし癌や心臓など命に係わる手術をしなければならなくなった場合、
年間症例数や5年生存率は医院選択の重要なポイントなのは間違いありません。

当グループではインプラント保証会社ガイドデントのアイプロを利用して、
全てのインプラント治療のデータ管理を行っております。
インプラントシステムやサイズはもちろん埋入部位や手術方法などまで。
もちろんカルテにも記載されていますが外部管理会社でも記録しています。
あらゆる確度から分析をかけデータ化することも簡単にできますし、
長期的な患者サポートの面でもこういった管理方法は有効です。

〇 2018年1月~6月 インプラント埋入数

1月 61
2月 60
3月 76
4月 76
5月 59
6月 61

合計 393

*ガイドデント調べ

おそらく昨年、一昨年とほぼ同じくらいで、
年間800前後になるのではないかと思います。

これはあくまでKU歯科クリニック内でのデータであり、
出張インプラント埋入手術は含まれていません。

ご参考にされてみてください。

関連記事

     

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内