他院からのオペ依頼 サイナスリフト | KU歯科クリニック|インプラント、審美・ホワイトニング、矯正歯科、歯科(歯医者)を東京でお探しならKU歯科クリニックへ

インプラント

他院からのオペ依頼 サイナスリフト

近隣の先生からの紹介患者様が増えています。

歯科でも高いゴールを目指すと一人なんでもやるのは限界で、
欧米の様に特性を持った専門医がチームを作ることも増えました。
特に渋谷・世田谷エリアは歯学部や歯科大学が遠いので、
なかなか大学病院に紹介するのが困難なんです。
先生方が良くても患者様がアクセス的にちょっと…という事も。
そんなことで長年近隣の先生からCT撮影依頼や外科処置の依頼があります。

今日は上顎大臼歯部2本にインプラントをと言うご依頼。
上顎臼歯部は骨量不足なことが多く骨質も軟らかい。
なので本日サイナスリフトで骨造成のみを行いました。
水色のラインで挟まれた部分が既存骨なので6番部は1~2ミリしかない。
インプラントは8ミリ…できたら10ミリの長さで支えたいので、
骨造成して支持骨を増やさなければなりません。

局所麻酔で約30分ほど。
頬骨側壁に約15ミリほど開窓し上顎洞粘膜を剥離し、
人工材料と自家骨を混和させて隙間に挿入。
スムーズなオペでした。

矢印部分が骨造成して増えた部分です。
これが時間の経過とともに既存骨と一体化するので、
インプラントを支える骨になってくれるのです。

昔と違いデジタルCTで危険部位や形態を確認するので、
傷口も最小限で安全な手術ができるようになりました。

今年に入ってからですでに10件近くの治療依頼をいただいております。
サイナスリフトだけでも4件くらいでしょうか。
リスクが高い手術になるのでご依頼が最も多いです。
これからこういった歯科治療のスタイルが増えていくでしょうね。

小児科の先生に癌の手術はしてもらわないでしょうし、
脳外科の専門医が水虫の治療はしないですから。

歯科でもシビアな相談はその道のスペシャリストに…。

サイナスリフトと同時にインプラント埋入

↑ こちらも合わせてお読みください。

関連記事

     

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内