大臼歯のインプラント埋入時期 | KU歯科クリニック|インプラント、矯正歯科、審美・ホワイトニングなど歯科(歯医者)|東京(渋谷・新宿・銀座・青山【外苑前】・世田谷【三軒茶屋】・成城学園・品川【青物横丁】)

インプラント

大臼歯のインプラント埋入時期

全ケースで抜歯即時インプラント埋入したいが、
なかなかそうもいかないのが現実。

前歯や小臼歯は抜歯後の歯肉不足量が小さいので、
仮歯などで上皮ができるまで覆うことはできる。
大臼歯は抜歯後の歯肉不足量が大きいので、
骨造成後に閉鎖層にするのが少し難しい…。

骨のダメージの度合いにもよりますが、
大臼歯は平均2か月経ってからインプラントを埋入…
したほうが良いケースが多い。
もちろん条件揃えば抜歯即で行います。

2か月くらい経つとそれなりの歯肉で覆われてきて、
完全な上皮化はしてないものの緊密な縫合に耐えられる。

ダメージの大きな遠心根側に流れないように注意して、
根分岐部を慎重に広げてインプラント埋入。
1回法で4ミリの延長キャップを装着し骨造成を同時に。
これで3か月ほど経過したら仮歯に交換です。

あえてのガイド無しフリーハンド。
手術時間は約10分。

なんでもかんでも抜歯即時と言うわけではなく、
ケースに応じてベストな治療プランを提案いたします。
患者様にとっては唯一の機会ですので、
1度のミスも間違いも許されません…。
なんとなく…やチャレンジ…ではなく、
エビデンスに基づいた確実な方法で。

インプラントの固定方法

上部構造の固定法の話です。
参考にされてみて下さい。

関連記事

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内