前歯の抜歯即時埋入3本の位置とサイズ | KU歯科クリニック|インプラント、審美・ホワイトニング、矯正歯科、歯科(歯医者)を東京でお探しならKU歯科クリニックへ

インプラント

前歯の抜歯即時埋入3本の位置とサイズ

前歯のブリッジがついに悲鳴を上げてまずい状況。
複数の医院でご相談されていた患者様。
たしか当医院で4医院目だったかと…。

5本つながったブリッジの支台は3本。
その3本部分にインプラントを埋入するプランを提案。
同時に欠損して時間が経過し凹んだ部分の歯肉厚みを増やす。
悩みに悩まれ下顎の大臼歯2本を含め当院で行うことになりました。

先日奥歯2本はすでに埋入手術済みで、
今日はいよいよ前歯です。

抜歯はあっという間に終わりますが、
感染物の取り残しがないよう徹底的に掻把し
硬くなった骨質を改善しインプラント埋入。
骨造成と軟組織移植を同時に行いました。

犬歯(13)は直径4.3ミリ長さX13ミリを。
最も太くて長い歯の役割ですからこれくらいが必要。

中切歯(21)は直径4.3ミリ長さ11ミリを。
ここは中隔に硬い骨があるので厚みが維持される。

側切歯(22)は直径3.8ミリ長さ11ミリを。
元々小さな歯なのでこのサイズ。

3本共に抜歯した部位にインプラントを埋入するのではなく、
やや口蓋寄り(喉側)に埋入しているのがわかるかと思います。
抜歯してすぐだと骨が平らではないので技術的に難しいですが、
将来骨吸収が起こっても良いように予めこの位置にしておきます。

太いインプラントを選択すれば固定は簡単ですが、
周囲の支持骨の厚みがなくなってしまいます。
細いインプラントを選択すれば支持骨の厚みは確保できますが、
初期固定が困難になります。

それなら抜歯して数か月経ってからオペをすればいいじゃないか。
そうすると組織の形態が変化してしまうのです。

前歯のインプラントって難しいのですね…。

抜歯即時インプラントに適したシステム

こちらも合わせてお読みください

関連記事

     

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内