インプラント治療

インプラントの費用 入れ歯編

 

インプラント治療は固定式以外に取り外し式の入れ歯タイプ(オーバーデンチャー)もあります。
大掛かりな手術ができないかたや将来のメインテナンスが不安な方にはとても有効です。
当初固定式にされていた方でもある程度の年齢でこの取り外し式に変える方もいらっしゃいます。
もちろん固定式の方が咬み応えもありますが、通常の入れ歯よりもかなり咬合力を回復できます。
外して入れ歯や口腔内の清掃も簡単できるので超高齢化社会を迎えた日本では希望される方が多いです。
基本的な治療費は決められてますのでご紹介したいと思います。

【入れ歯タイプの場合】

1.精密診断料 10000円
すべてのケースで3DCTによる3次元画像による事前精密診断を行います。
骨量・骨質・危険部位(上顎洞・下歯槽神経など…)を確認し安全な手術を行います。
入れ歯タイプのインプラントは比較的短めのものを使用するので手術危険度はかなり低くなります。

2.サージガイド 無料・20000円
プラン通りの正確な位置にインプラントを埋入するための手術サポート器具です。
単純症例は無料ですが、安定しない状況での特殊ケースの場合のみ費用がかかります。

3.インプラント手術 250000円
片顎2か所から4か所のインプラント埋入を行います。
固定式インプラントよりも比較的短く細めのインプラントを使用しますので、
歯肉を切開剥離する範囲もかなり小さく術後の痛みや腫れも小さくなります。
全身疾患をお持ちで手術が不安なかたも比較的取り組みやすいかと思います。

4.アタッチメント 100000円~/1か所
ボール・バー・マグネット・ロケーターといった様々なアタッチメントで入れ歯と固定します。
ロケーターは維持力が弱った際でも簡単に調整できる最新のアタッチメントシステムです。
口腔環境に合わせた最適なアタッチメントを選択いたします。

5.義歯 500000円~750000円
部分入れ歯か総入れ歯か…。
バイオコバルトかチタンか…。
欠損の状況と素材によって料金は変わってきます。
最もお勧めするのはアレルギーの可能性が限りなく少ないチタンフレーム。
厚みも少なく熱伝導性も良くとにかく軽いので違和感が少なくできます。
インプラントオーバーデンチャーの場合はインプラントがかなり咬合力を負担してくれるので、
入れ歯そのもののをかなりスリムにすることができます。
様々な理由で金属フレームにできない場合は、現在お使いの入れ歯を使用することも可能です。

以上が基本的な入れ歯タイプのインプラント治療費になります。
お使いの入れ歯を使って無歯顎に3か所のインプラントを入れた場合は「3+4で1050000円(税別)」になります。
入れ歯をスリムで違和感のないタイプにする場合はこれに入れ歯料金が追加されます。
当医院で最もお勧めするのは軽くアレルギーの少ないチタン床義歯です。
どうしても費用的に厳しい場合はとりあえず今お使いの義歯にしておいて、後に金属床に変更するという手段もあります。

少し費用は高くなりますが、粘膜負担を劇的に軽減できますのでインプラントのメリットは果てしなく大きい。
同じ総義歯でもできるだけ快適なインプラントオーバーデンチャーをご希望される方は増えています。
当医院では過去13000本以上のインプラントを行っており、現在も月平均50本強年間600本以上を継続し増加しています。
もちろんマイクロスコープによる歯内療法や歯周病治療によって安易に抜歯せずに保存に努めるという基本スタンスですが、
グループのクリニック数が増え患者数が増加し、多くの先生方から難症例を依頼される機会が増えているので、
今後も当院ではインプラント治療は増加するでしょう。

生体に人工物を埋め込むインプラント治療ですので、長期安定性や安全性を危ういものにしてまで低価格にはできません。
ネットなどでは信じられない低価格インプラント広告が乱立してますが、どうしたら可能なのか全く理解できません。
歯科治療全般的に言えることですが、特にインプラント治療の場合は術者の経験や技術による結果の差がかなり大きいので、
そのあたりを加味しない単純な治療費の比較は本来の正しい比較になっていませんのでご注意ください。

KU歯科クリニック東京は総合的な歯科医院です。

インプラント治療だけで済む患者様なんて一握りで、大半の方が歯周病やかみ合せなどの複合的な問題を抱えています。

なのでインプラント治療だけでなく、あらゆる歯科治療と健診・メインテナンスを行います。

画一的でなく一人一人個人に合わせた最適な方法で対応させていただきます。

KU歯科クリニック東京

 

 

関連記事

KU歯科のクリニック

クリニックのご案内