咬合バランス・咬合平面 | インプラント、矯正歯科、審美・ホワイトニングなど歯科(歯医者)を東京でお探しならKU歯科クリニック

インプラント

咬合バランス・咬合平面

歯が抜けたまま放置しておくと周囲の歯が移動する…。

上の歯が抜けたままなら下の歯は上に伸びてくるし、
下の歯が抜けたままなら上の歯が下に下がってくる。
隣の歯が移動してくることもあるので注意が必要です。

天然歯と違いインプラントは歯根膜がないので、
僅かなかみ合わせのエラーが大きく出てしまうし、
上部構造の摩耗と破損も天然歯よりも多い。
なので上部構造を製作する際にはきちんと適切なサイズで製作するために、
咬み合う相手の歯との間に適切なスペースが必要だ。

下顎6番・7番に2本インプラントを埋入。
咬み合う相手の上顎7番が大きく廷出していたので、
被せ物を交換し理想的な咬合平面を再構築した。(写真上)

隣の歯と高さが揃うことで食べ物も挟まりにくくなるし、
3次元的に顎をスライドする動きもスムーズになる。
そしてインプラント上部構造も肉厚になり耐久性が増す。

長い間自分の身体の一部として快適に使っていただくために、
広い視野で治療計画を提案させていただいております。

インプラント7年経過

こちらも合わせてお読みください

関連記事

     

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内