メールカウンセリング 2 | インプラント、矯正歯科、審美・ホワイトニングなど歯科(歯医者)を東京でお探しならKU歯科クリニック

インプラントトラブル

メールカウンセリング 2

当グループのサイトにはメールカウンセリングコーナーがあり
毎日ほんとうにたくさんのご相談をいただき対応しています。
可能な限り24時間以内にお返事させていただいております。

その相談の中の1つをご紹介。

・40代 女性

10年以上前に他院で行った左下奥のインプラント。
被せていた歯の表面が欠けて修理してもらったが、
1週間もしないうちにまた欠けてしまい金属が露出。

どうしたらいいでしょう?

・・・・・

> こんにちは。
> KU歯科クリニックです。
> ご相談拝見いたしました。
>
> インプラントは歯根膜と言う天然歯にはある緩衝材がありません。
> なのでかみ合わせの力をダイレクトに受けてしまいます。
> また歯は靴底と同じように時間の経過とともに減ってきます。
> 天然歯を含めた全体のかみ合わせがすり減り低くなってれば、
> リペアするためのスペースが存在しません…。
> なので全体の高さをチェックしたうえでスペースがないようであれば、
> 今のかみ合わせに合わせてかぶせ物だけを交換した方が良いと思います。
>
> おそらく10年以上であれば金属フレームに陶材や樹脂を盛るタイプかも。
> 強い力のかかる大臼歯で緩衝材のないインプラントであれば
> 表面に陶材を盛らない強度重視のフルジルコニアクラウンが良いでしょう。
> ただし上の歯が欠けたり緩んだりしたことはただ悪いだけではなく、
> 過剰な力をインプラント本体と骨に伝えなかったからなので、
> 大きな問題を起こす前のサインだったと思ってください。

・・・・・

24時間以内にこのようにお返事させていただきました。

身体の一部として快適に機能していたとしても、
誰もが加齢とともに身体の環境は変化してきます。
その変化に合わせて最適なタイミングでリペアすること。
そういう意味でも定期的なチェックが重要なのですね。

ご予約いただきまして来週拝見させていただくことになりました。

KU歯科クリニックでは他院で行ったインプラント治療のご相談も可能です。
メインテナンスも不具合の相談もお気軽にお待ちしてます。

 

関連記事

     

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内