KU歯科クリニック

セカンドオピニオン増えてます…

qqqqq

マウスピース矯正なんてダメ。従来のワイヤー矯正で十分。

こう強く主張される先生もいらっしゃいますし、その真逆を言われる先生もいらっしゃいます。
それぞれの方法で利点欠点があるのでケースを考慮して正しい説明をしなければなりません。

そして最終的に決めるのは患者様ご自身です。

それぞれの専門医に足を運んでそれぞれで診査診断するのは時間がかかりますし面倒。
しかし本当の意味での正しい比較をしたければはそうしなければなりません。
それが面倒なら、両方の治療を日頃から行っている医院で相談するのが良いのではないでしょうか。
どちらにしてもその医院で行えますのでバイアスのかからない正しい情報を得ることができるでしょう。

1つの病態に対しての複数の治療法を日頃から準備しておくことはいろんな意味で大変です。
器具器材や材料などのハード面はもちろんですが、それを行うスキルを備えた担当医と言うソフト面。
これら両方を普段から高いレベルで準備しておくことは多くの患者様がいなければ不可能なのです。
そういった考えからKU歯科クリニックはある時期から中規模に拡大しようと決めました。

歯を失うという欠損補綴においての、義歯、ブリッジ、インプラント、歯牙移植。
インプラント治療のタイミングにおいても、抜歯即時埋入、待時埋入、即時荷重。
歯列矯正治療においては、ワイヤー矯正、マウスピース矯正、床矯正。

などなど書ききれませんが、あらゆる病態とニーズに応えられるように複数の選択肢を提案させていただいてます。
この治療方法が最高で他がまるでだめといった極端な押し付けはいたしません。
もちろん状況によって患者様の希望される治療ができなかったり不適切でお断りすることもありますが、
1つの治療を押し付けるのではなく常に複数の選択肢を準備して提案させていただいております。

最近はそういった方針が認知されてきたのか、当医院で治療をせず相談にのみいらっしゃる方も増えてきました。
現在通院している歯科医院での治療が不安だけど大丈夫かなど…内容は様々。
不安を解消するためにどう担当医の先生に伝えるべきかをアドバイスさせていただくことも。

東京都内に7つの医院が点在してますので便利にお使いください。

セカンドオピニオン増えてます…。

お気軽に相談できるLINEカウンセリングが便利。

LINEカウンセリングはこちら ← Click here

事前にかなり細かなやり取りができますし写真のやり取りも簡単。

是非ご利用ください。

KU歯科クリニック

関連記事

KU歯科のクリニック

クリニックのご案内