インプラント矯正とは… | インプラント、矯正歯科、審美・ホワイトニングなど歯科(歯医者)を東京でお探しならKU歯科クリニック

矯正治療・マウスピース矯正(プレート矯正)

インプラント矯正とは…

インプラントは矯正治療にも活用します。
固定が強固なのでインプラントを活用すると動きが速く、
ワイヤーだけでは難しい方向への移動も可能になります。
またケースによっては大掛かりな装置が不要になるので、
口腔内での違和感が小さく生活への影響が少ないです。

下顎6番の欠損を長期間放置していたために、
奥の7番がかなり傾斜してしまっています。
天然歯に負担をかけず長持ちしてもらうように、
この7番を起こし本来の位置に移動させて、
理想的なスペースを確保してインプラントを6番に埋入予定。

① 傾斜している7番の奥にミニインプラントを埋入。
歯根に当たらないようにまずは平行に埋入。
手術時間は約5分。埋入費用は1か所50000円(税別)です。
手前の歯とインプラントに矯正装置を付けてます。

② 装置をつけて約4か月経過。
たった4か月でここまで起き上がってきました。
7番とインプラントの位置を見てください。
更に後方に移動させるので1度入れたミニインプラントを撤去。
撤去も通常の麻酔科で数分で終わります。

③ そして更に奥に新たにインプラントを入れなおし。
7番を起こすだけでなく少し骨の中に沈ませたい。(圧下と言います)
こういう力のかけ方はワイヤー矯正だけでは難しく、
インプラント矯正が有効です。

④ 約3か月経過。
7番は更に後方に移動しました。
もう少し圧下させていきたいです。

⑤ 更に3か月経過。
インプラント付近まで7番が移動。
おおよそこの辺りで良さそうな位置です。

⑥ 部分矯正開始から約1年。
本日ようやく6番の欠損部にインプラントを埋入しました。
2か月後に固定式の仮歯が入りますので、
奥の7番と位置の微調整を行っていきます。

インプラントと言っても色々な活用法があるんです。
装置が小さくて済むので部分矯正にはとても有効ですね。

矯正治療をしたいけど気になるのは限定的。
大きな装置を付けたくないなぁ…という方。
是非ご相談下さいね。

 

関連記事

     

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内