診療風景

ファイバーコアのやり直し

前歯の差し歯が揺れる… 外側のセラミッククラウンなのか? 補強用のファイバーコアポストなのか? それとも歯根ごと揺れているのか? レントゲンでは明らかな歯根破折は確認できない。 ひとまず周囲に麻酔を行い除去用器具でクラウン除去を試みた。 揺れはあるものの外れてこない…ということはクラウンではない。 しかし弱っている歯質にこれ以上負担をかけるわけにはいかないので、 クラウンを切断し内部のファイバーコアをむき出しにする。 マイクロスコープで拡大しファイバーコアを慎重に削っていくと、 一部の接着部分に感染歯質がありその辺りからわずかに揺れがあった。 更に深部まで削り取っていくと先端部のファイバーポストの破折を発見。 折れたポストの先端も感染歯質も慎重に取り除いた…。(写真上) かなり薄い部分が2か所あるが亀裂もなく歯根そのものも揺れはない。 破折したファイバーポストよりももう2段階太いポストを選択。 死腔を作らないように樹脂を流し込みポストを挿入。 その後高周波メスで歯肉をトリミングし台歯形成した後仮歯を装着。 ビクともしない仮歯にご満足いただき今後のスケジュールを確認。 今日は歯肉をトリミングしたのでしっかりブラッシングしていただき、 歯肉を引き締めてから最終的なセラミッククラウンの型採りを行う予定。 もちろん仮歯でしばらくお食事していただいて安定を確認してから。 金属製のメタルコアよりも柔らかいので削りやすいですが、 色が歯質に近似しているので拡大して慎重に除去しなければならない。 天然歯に勝るものはなし… CT精密診断の重要性 ← こちらも併せてお読みください KU歯科クリニック    

関連記事

KU歯科のクリニック

クリニックのご案内