歯のよもやま話

3Dプリンター

グループ内のラボに3Dプリンターが導入されたので、
ただいま様々なテストやチェックの真っ最中です。
歯科医療のデジタル化のスピードは凄まじいですからね。汗

オーラルスキャナーでデータ送信し、
補綴物のみがデリバリーされてくる時代。
いわゆる印象レス・模型レスが猛スピードに進んでる。

しかしコンタクト調整など微調整をする際には、
やはり模型があったほうがいいですよね。
そんな時にはこのプリンターで作ります。

精度は全く問題なし。
あとは時間でしょうか。

下顎大臼歯部2本の遊離端欠損。

フルジルコニアクラウンでマージンは歯肉縁等高。
健全歯質をできるだけ削らずマージンは浅めに設定。
接着剤の取り残しリスクも小さくスキャンしやすい。

モデルビルダーでデザインしプリント開始。
これは最も基本的なスタイルですね。
他にも目的に応じて様々な模型が作れます。

これは世田谷院大西院長のケースかな。

 

もちろん支台部分はこのように抜き差し可能。

仕上げや細かい部分を調整するのに、
取り外しできたほうがいいですからね。

インプラントオペ時のガイド製作は、
シンプルケースならこれでいけそうです。

モードも3段階ありまして、
これでミドルレンジ。
積層時間は数時間ってとこでしょうか。
十分ですかね。

この分野の進化のスピードがあまりにも速すぎて、
中年歯科医師だんだんついていけなくなりそうです。…。汗

そんな中で、

8月26日(日)口腔内スキャナーハンズオンコース
田中譲治先生と木村健二先生と。

お問い合わせはストローマンまで。

少しお話させていただきます。

関連記事

KU歯科のクリニック

クリニックのご案内