それでも親知らず残しますか? | インプラント、矯正歯科、審美・ホワイトニングなど歯科(歯医者)を東京でお探しならKU歯科クリニック

抜歯・親知らず

それでも親知らず残しますか?

親知らずのご相談。

とても顔が小さな女子。

親知らずが奇麗に生え揃うわけがない。

2年前くらいから時々左下がうずくことがあるのだそうだ。
何度か腫れることもあって薬を処方してもらったことも。

時々、

何が何でも親知らずは抜かない…

という方針の歯科医がいらっしゃるが、
何故と首をひねりたくなる。
もちろん将来の事を考えて残すのもあるだろう。

しかししっかり、

ケースによって判断してほしい

と思う。

矯正治療も「何が何でも抜きません!」
親知らずも「何が何でも残します!」
インプラントも「断固反対!」

みたいな頑な歯科医とたまに遭遇しますが、
なぜ状況に応じて臨機応変に考えられないのか不思議。
他に理由があるんでしょうね。

ほら!

言わんこっちゃない。

手前の大切な歯が虫歯になってる…。汗

患者様の顔貌や歯列や口腔内の清掃状態などを見て、
もっと早めに攻撃的抜歯でもよかったかもしれない。

こんな状況でも、

親知らず残しますか?

関連記事

     

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内