超ショートインプラント | KU歯科クリニック|インプラント、矯正歯科、審美・ホワイトニングなど歯科(歯医者)|東京(渋谷・新宿・銀座・青山【外苑前】・世田谷【三軒茶屋】・成城学園・品川【青物横丁】)

インプラント

超ショートインプラント

高齢者の方でインプラントを希望される方が増えている。

健康寿命を延ばすうえで重要なのは食生活。

家族と同じものを美味しく食べることの大切さ。
若いころは感じないが歳をとって感じるのだそうだ。

しっかりお肉を咬みきりたい…。
大好きなアワビを食べたい…。

こんな目標を持って歯科治療を頑張る方。
本当にたくさんいらっしゃいます。

しかし高齢になればなるほど様々なリスクを抱えるようになるので、
若い方と同じようなゴールが本当に正しいのかを疑問に思うこともある。
大掛かりな骨造成を行って100点満点を目指すことももちろん大切だが、
リスクを最小限に最大の効果を出して95点で良い場合もあるのだ。
本来は患者様と担当医の目標のズレがあってはならないのだが、
時々そういうことで悩んでいらっしゃる患者様とお会いすることも。

事前の話し合いがしっかりできていなければなりませんね。

そんなわけでインプラントも進化し短いものや細いものが開発されている。
直径3.0mmよりもさらに細い極細インプラントの情報が入ったと思えば、
長さ6.0mmどころか4.0mmのインプラントも使用されるようになってきた。
これなら骨吸収の進行した高齢者の患者様に大掛かりな骨造成しなくてもいい。
長さ4mmでも従来の長さのものと比べ何ら変わりがないというデータも。
もちろんケースを選んでの使用になりますがね。

最初からマシンサーフェス(機械研磨面)がしっかり付与されてるタイプなので、
高齢者の義歯から固定式インプラントへの移行には術式がシンプルになるので最適。
また何が何でも固定式ではなく現在の義歯の内部のストッパー代わりにも有効なので、
入れ歯タイプのオーバーデンチャーインプラントにも良いかと思います。
ピッチも短く初期固定の安定感もありそう。
これは日本人にはいいんじゃないでしょうか。

どんどん進化しているインプラント。
極細、極短のラインナップが増えてます。

関連記事

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内