計画的に合理的に治療を行う | インプラント、矯正歯科、審美・ホワイトニングなど歯科(歯医者)を東京でお探しならKU歯科クリニック

インプラント

計画的に合理的に治療を行う

麻酔科医の立会いの下で静脈内鎮静。
寝ている間に終わって患者様の記憶はなし。
ストレスフリーで良いですね。

行った内容は…

まずは左上(写真右側)
小臼歯2本の不適合なクラウンとアンレー除去
神経を保護する薬剤を入れて支台歯形成
その隣の保存不可能な大臼歯は抜歯
周囲の感染物を取り除きコラーゲンプラグを挿入
3本分の仮歯を調整し装着

そして右上(写真左側)
1か月前に抜歯したのは4番6番8番。
6番部はかなりダメージが大きく上顎洞一部貫通
4番には通常埋入しここから骨採取。
7番部にはオステオトームで上顎洞底挙上し埋入
6番はダメージが大きかったことから本日埋入せず
4番7番そして8番部から採取した自家骨と人工骨を移植
2本分の仮歯を装着

ここまでで約1時間半。
意識がはっきりしてきた患者様に説明。

右上6番部には無理すれば入れることはできたが、
左上の時にもう1度この鎮静法を行うので、
今日はあえて骨造成のみで閉じました。
十分に骨ができた状態で次回左右3本1回でやります。

行き当たりばったりでなく計画的に治療計画を立てる。
治療期間の短縮だけを目的とするだけでなく、
痛み腫れが最小限になり最終的な仕上がりが強固になるよう
合理的な計画をたてることも重要なのです。

関連記事

     

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内