インプラント治療

インプラント上部構造の破損

インプラントの上部構造が破損したので交換してほしい。

久しぶりの患者様からのご連絡。
転居され近所の歯科医院に相談したところ、
インプラントをされた医院で相談してくれと言われたそうだ。

口腔内全体の環境も良かったので通常の2次元のレントゲン検査のみ。
16年経過してるにもかかわらず骨吸収もほぼない。
胴体ごと回転させるソリッドアバットメントを締結させ、
スナップオンにて印象する方法で上部構造を製作していた。
仮止めのクラウンとアバットメントを除去しクリーニング。
金属疲労も考えてアバットメントから新しくすることにした。

今回はカスタムチタンアバットメントにフルジルコニアクラウンを予定。

歯根膜のないインプラントは上部構造の咬耗が激しい。
なのでここ最近は強度のあるジルコニアが中心となっている。
歯根膜様の緩衝作用を持つ軟らかく丈夫な材料も注目されている。
このマテリアルの分野の進化は凄まじい速さなのです。

オープントレー用の印象ポストを装着し浮き上がりがないかチェック。
次回スクリュー固定のジルコニアクラウンを装着して終了。
来院回数は今日を含め2回です。

16年経過して保証期間はとっくに過ぎてますが、
当医院で行ったケースのですので割引させていただきました。

天然歯も咬耗しますからインプラント上部も咬耗するんです。
形あるもの永遠のものはなく適度に良いタイミングで修理交換したほうが、
最も重要な歯根部分を守ることにもなります。

定期的なメインテナンスをお忘れなく。

16年前この治療を担当したのは当時世田谷院の院長朝日。
現在は地元高知県に帰って頑張ってます。^^

関連記事

KU歯科のクリニック

クリニックのご案内