インプラント治療

デンチャー(入れ歯)はデンチャー

インプラントに代わる〇〇デンチャー

こんな広告をよく目にします。

通常のデンチャー(入れ歯)は固定源のクラスプが金属。
なので場所によってはキラリと金属が目立ってしまいます。
そのクラスプを歯肉色で製作して目立たなくしたり、
やや弾力のある材料で違和感を小さくするものがあります。

スマイルデンチャー
ノンクラスプデンチャー

などなど様々な名称でたくさんあります。(写真上)

しかしデンチャー(入れ歯)はデンチャー。
いくらクラスプがピンク色で目立たなくても、
床部分があり粘膜でも咬合負担しまから大きい。
そして固定源にしている歯に過剰負担をかける。

こんなことで、

「期待していれたんだけどちょっと…」

と相談にいらっしゃることが時々。

こちらの患者様も当初スマイルデンチャーにされたそうです。
しかし予想以上に違和感が大きくやはりインプラントをご希望。

本日2本のインプラント埋入を行いました。(写真上)

骨量・骨質ともに十分で手術時間は約15分。
1か月半後には固定式の仮歯で慣らし運転開始の予定。
それまではこのスマイルデンチャーを調整し、
前後の歯が動かないよう仮義歯として使用します。

御高齢でインプラント手術が心配な方もいらっしゃいますので、
こういった目立たないデンチャー(入れ歯)ももちろんありです。
しかし違和感は通常の義歯とあまり変わらない…
と言うのが私個人的な感想です。

当医院でも行っております。

10~20万円(税別) 範囲によって変わります。

インプラント治療中の仮歯として使用する場合、
治療費は変わりますので直接お問い合わせください。

入れ歯にしたけどインプラント

合わせてお読みください。

関連記事

KU歯科のクリニック

クリニックのご案内