インプラント治療

抜歯→骨造成→インプラント

残念ながら保存不可能な下顎左右7番。 複数の歯科医院でもそう言われたそうです。 特に左は親知らずのせいで骨吸収が広範囲。(黄色線) 抜歯後に歯肉が落ち着いたら骨造成だけを行い、 約4か月ほど定着するのを待ちます。 その後インプラントを埋入し、 2か月半後に固定式の仮歯を装着。 1か月ほど使っていただきます。 慣らし運転のようなものです。 その仮歯のかみ心地やすり減り方を参考にし、 最終的なジルコニアクラウンに本日交換。 治療開始から10か月近くかかりました。 無症状ですが根尖病巣のある右下6番。(赤線) やはりこのままでなく再神経治療を行うことに。 大切な大臼歯ですのでなんとか残ってもらいたい。 左右奥歯のインプラントも安定したので、 これからじっくり再神経治療に向き合います。 再神経治療・感染根管処置について ↑ こちらも併せてお読みください KU歯科クリニック

関連記事

KU歯科のクリニック

クリニックのご案内