ジルコニアインプラント | インプラント、矯正歯科、審美・ホワイトニングなど歯科(歯医者)を東京でお探しならKU歯科クリニック

インプラント

ジルコニアインプラント

ジルコニア(二酸化ジルコニウム)は強度が高く審美性が高い歯科材料ととして広く使われています。
ジルコニアはアレルギーの心配もなく強度があり金属に匹敵するほどの耐久性を持ちます。
改良が加えられ天然歯に近似した層を持つ高い審美性に優れたタイプが登場し用途は広がる一方です。
インレー・クラウンなどの補綴物としては2005年から日本国内で薬事承認がおりて使われてます。

一般的なインプラント治療は生体親和性の良いチタン製インプラントを使用していますが、
ジルコニアでできたインプラントもかなり前からあり複数のメーカーでラインナップされています。
アレルギーの心配が低いチタンよりも更にリスクが低く完全非金属を目指すことができ、
白色で天然の歯牙の色に近似していますのでチタンに変わる材料になるかと思われていました。
しかし現在もインプラントの中心は国際的にもチタンで、日本国内では今も薬事承認はおりていません。
なので、あくまでも歯科医師が個人で輸入報告書を取得して購入する未承認医療機器に該当されます。

プラークが付きにくく審美性と耐久性が高くアレルギーの心配がないジルコニアインプラントですが、
アバットメントまで一体化されたワンピースタイプが主流のため、埋入手術時に熟練した高い技術や経験が求められます。
また日本国内の薬事承認されていないためトラブルがあった際のメーカー保証などもありません。

チタンアレルギーの心配がありジルコニアインプラントに興味がある場合はご相談ください。

Click here↓

KU歯科クリニック オンラインカウンセリングはこちら

関連記事

     

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内