矯正治療・マウスピース矯正(プレート矯正)

iTero エレメント 5Dプラス

iTero とはお口の中をスキャンする3Dの光学スキャナー。
片顎(上顎か下顎)わずか1分ほどの短時間でスキャンでき、
印象(歯の型取り)の不快感が軽減され治療スピードも大幅にアップします。

・矯正治療
インビザラインを代表とした取り外し可能なマウスピース矯正などの診断が可能
診断用模型を作らずカメラでスキャンした3Dデータで歯並びやかみ合わせを確認し、
即日その場で大まかな治療イメージを3D画像にてお見せすることができます

・補綴物の印象/咬合採得
印象材料が固まるまで長い時間待つ必要もなく嘔吐反射のある人にも有効です
スキャンデータで補綴物をデザインするので印象材料や石膏模型の変形などが激減します
唾液や血液などを管理しやすくなり院内感染対策がしっかりできます

・う蝕検知機能
近赤外線(NIRI)により見つけにくい隣接面のう蝕を見つけやすくなります。
隣接面(歯と歯の間)は虫歯の好発部位ですが検査の際にも見落としやすい部位です
他の目的でスキャンしてもこのNIRIモードに切り替えれば虫歯のチェックも可能になります

このように口腔内スキャナー(オーラルスキャナー)によって歯科治療が大きく変わろうとしています。
KU歯科クリニックでは、iTeroなど様々な口腔内スキャナーを活用し、
精密かつスピーディーで安全な歯科治療を心がけています。

また日本においてインビザラインはiTeroのみが連携しています。

マウスピース矯正について

こちらも併せてお読みください

関連記事

     

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内