抜歯か保存か… | KU歯科クリニック|インプラント、矯正歯科、審美・ホワイトニングなど歯科(歯医者)|東京(渋谷・新宿・銀座・青山【外苑前】・世田谷【三軒茶屋】・成城学園・品川【青物横丁】)

KU歯科クリニック

抜歯か保存か…

抜歯か保存か…。

A医院で抜歯しなければならないと言われた。
B医院でまだ残せるんじゃないかと言われた。

B医院の先生は親切だ。
A医院はすぐ抜く歯医者だ。

そんな評価をいただきそうです。
よくありますよねこういうことって。

でも…本当にそうでしょうか。

B医院の先生は抜歯後の選択肢が乏しいので、
使えるだけ使おうと言う気持ちだったのかもしれない。
1年持っても半年持っても1か月持たなくても、
まだ抜かずに残せるんじゃないかには違いない。
ただしその時には今よりも周囲組織に悪影響があります。

A医院の先生は長い目でみて答えてくれたのかもしれない。
半年や数か月しか持たないのであればあきらめてもらい、
次の処置が大掛かりにならないようにしたほうがいいのでは。
骨吸収がこれ以上進めば骨造成はだんだん大掛かりになるし、
成功率も低下してくるのである…。

要するに物差しの違いです。

このブリッジの奥歯の土台は完全な歯根破折を起こしており、(上記写真)
周囲の膿が酷く骨吸収も広範囲に起こしていた…。
手前の土台とつながっているのでポロっと取れないだけで、
単独ならとっくに自然に抜け落ちてたような状況。
手前の歯も厳しい状態になって来てるのがわかると思います。

1か月半経過した本日2本のインプラントを埋入。

手前の歯はなんとか保存することができました。
奥の抜歯部分はインプラント埋入と同時に骨造成。
中間部分はすでに骨が回復してたので通常埋入。

約15分ほどのシンプルな手術でした。

その場限りの優しい言葉をかけてくれる人。
厳しいけれど本質をついたアドバイスをしてくれる人。

どちらが自分にとって必要ですか?

歯科医師も人間です。
その人の性格がクリニックのコンセプトに影響もします。

私は断然後者で対処療法よりも原因根絶型を望みます。
もちろん患者様とよく話し合ってすり合わせを行いますが、
無責任な傷口に絆創膏的な歯科診療は行いません。
KU歯科クリニックはそういうコンセプトの歯科医院です。

あなたの通院している歯医者さんはどっちのタイプですか?

抜歯の判断基準

併せてお読みください

KU歯科クリニック

関連記事

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内