マウスピース矯正(インビザライン)をされる方が増えています | KU歯科クリニック|インプラント、矯正歯科、審美・ホワイトニングなど歯科(歯医者)|東京 渋谷・新宿・銀座・青山一丁目外苑前・三軒茶屋【世田谷】・成城学園・品川【青物横丁】

歯科治療

マウスピース矯正(インビザライン)をされる方が増えています

マウスピース矯正(インビザライン)とは

マウスピース型矯正装置(インビザライン)とは、コンピュータを用いて作製された透明なマウスピースを段階的(約2週間ごと)につけ替えることで歯を動かす歯科矯正システムです。
マウスピースは患者様一人ひとりのために、治療計画に基づいてカスタムオーダーで製造される矯正装置です。
透明な装置で装着してもほとんど目立たず、必要に応じて取り外すことができます。
歯列矯正中の見た目や生活面を気にされる方にはオススメの矯正治療です。

ワイヤー矯正ができない方へおすすめ

歯並びやかみ合わせは直したいが生活スタイルの中でどうしてもワイヤーはNG。
そのような方には取り外しが可能なマウスピース矯正をお勧めします。

透明なマウスピースなので装着しても目立ちません。取り外し可能なので食事も普段と変わりません。

歯列矯正の後戻りについて

長い時間かけて頑張って矯正治療したのにまたガタガタになった…。

こんな矯正治療の後戻りのご相談を多く受けます。
時間も費用もかけてせっかく綺麗になったのに残念です。

歯の移動は、歯を支持する歯槽骨の吸収(骨が溶ける)と、添加(再生)の繰り返しによって行われます。
移動したい側の骨が溶けて歯根がそちらに動き、動いた後の隙間に新しい骨ができて、の繰り返し。歯だけが移動していくのではなくそれを支える骨と歯肉も一緒に移動していくのです。
矯正治療中に歯がグラグラしているのはそのせいで、移動量が大きいケースであればあるほど後戻りしやすいのです。

歯列矯正の後戻りの原因

後戻りの原因としては、
・骨格の歪みを残したまま矯正したケース
・無理に非抜歯(歯を抜かない)矯正したケース
・矯正終了後のかみ合わせが悪い
・歯根が傾斜して並んでいる

などなど。診断・治療計画が不十分だと一時的には綺麗に並びますが、やはり根本的な問題を解決できていないと元に戻りやすいのです。

歯列矯正の後戻りの対処法

対処法としてはまず保定装置をきちんと一定期間使用すること。
保定装置は治療終了後の不安定な状態を安定させる目的のもので、取り外しの装置と固定式のものと様々な形態があります。保定期間はケースによって違いますが約1年~3年(平均2年)。

それでも後戻りして歯列が乱れてしまったという場合には、再度、矯正治療を行うことをお勧めします。

せっかく費用も時間もかけた矯正ですが、後戻りであれば早期に対応すれば簡単に治ることが多く、ワイヤーで行った矯正だとしてもマウスピースで可能なことが大半。できるだけ早いほうが簡単に戻せますので早めにご相談ください。

インビザラインの矯正装置

インビザラインの矯正装置(アライナー)は、透明なプラスチックのマウスピース型になっています。装着しても口元が目立たず歯列矯正ができます。
矯正装置は、一人ひとりの歯の形に合うように作製されます。治療の経過と歯の動きに合わせて矯正装置を調整・交換しながら少しずつ歯を動かし、歯並びを改善します。

インビザラインは前歯部に適した歯科矯正治療

前歯部は、口を開くと最も目につきやすい部分。この歯並びを段階的に矯正し、きれいな歯並びに改善することで、より素敵な笑顔に近づけるはずです。

矯正した後に歯並びが戻ってしまう「後戻り」には、アライナーで歯並びを再び整えることも可能です。

マウスピース型の歯列矯正「インビザライン」は、従来の歯列矯正より負担が少なく、治療中のご自身のライフスタイルを変える必要がありません。

ワイヤー矯正よりも多数に

従来のワイヤー矯正に比べて圧倒的に生活への影響が少ないマウスピース矯正。
ここ数年日本でもかなり認知されついにワイヤー矯正を始める人の数を抜いたそうです。

歯列矯正をご希望される患者様であっても歯列矯正だけで済む方は少なく、すでに治療されている歯があったり歯周病が進行していたりします。
もちろん小臼歯や親知らずの抜歯など外科処置が必要なことも多いです。
当医院ではそのような一般歯科治療も全て行えますのでご安心ください。

マウスピース矯正はKU歯科で

KU歯科クリニックグループは開業と同時に歯列矯正を行っており、マウスピース矯正は2005年頃からテスト導入し2008年くらいから本格的にスタート。
インビザラインだけでなく、クリアコレクト、スマイルトゥルー…など様々なシステムを導入し、現在では月平均約30~50名の方がマウスピース矯正治療を新たに始めています。
当医院では、歯列矯正全体の約3分の2が従来のワイヤー矯正です。
ですが徐々にこの差は詰まってきておりまもなくマウスピース矯正のほうが逆転しそうです。

またKU歯科クリニックでは「後戻りプラン」と言うことで、通常の矯正治療よりも安価な設定があります。お気軽にご相談ください。

関連記事

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内