抜歯・親知らず

インプラントは不可能

この状況でも自覚症状はなかった。

上顎小臼歯2本の根尖病巣がものすごく大きく、
かなり硬いはずの上顎洞底の皮質骨を溶かして貫通。
上顎洞粘膜も肥厚している。

残念ながら保存不可能と判断。
抜歯と嚢胞摘出しなければならない。
そしてこれだけのダメージがあるので、
インプラントは不可能だと思います。

入れ歯は違和感が大きく嫌なので、
前後の天然歯を支台にしたブリッジを予定。
次回、抜歯と仮歯の装着を一気に行うことになりました。

骨造成してインプラント

こんな感じで骨造成出来たら良いですね

もう少し早く拝見できてれば…。
検診って大切ですね。
半年に1度…いえ年1度でも良いです。

関連記事

     

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内