歯根破折からの感染 | KU歯科クリニック|インプラント、審美・ホワイトニング、矯正歯科、歯科(歯医者)を東京でお探しならKU歯科クリニックへ

抜歯・親知らず

歯根破折からの感染

差し歯の横の歯肉が腫れている…

2次元のレントゲンを撮ると歯根の約半分くらいの深い位置に歯質の極薄の部分があり、(黄色い矢印)
おそらくそこに亀裂があり感染を起こして歯槽骨が溶けてなくなってしまっている。(赤色で囲まれた部分)

根尖病巣は再歯内療法で治癒する可能性はあるがこういった歯根の胴体部の亀裂は厳しい。
長期的な予後を考えて周囲へのダメージをこれ以上広げないように抜歯することになった。

神経を取って時間が経過した歯だったので乾燥してもろくなっており、
器具をかけるとパキパキ割れてつかみどころがなくなったので半分に割って抜歯した。
その後根尖にもあった嚢胞や亀裂部からの感染物をしっかり除去。
骨再生を促進させるよう内部を改善してコラーゲンプラグを填入し縫合。(写真右)

昔と違いCTなどの3次元情報があるので

「どこまで持つかわからないけど…」

といった成り行き的な判断が非常に少なくなっている。

保存不可能な歯

こちらも併せてお読みください

関連記事

     

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内