インプラント治療のストレスを少なくする | インプラント、矯正歯科、審美・ホワイトニングなど歯科(歯医者)を東京でお探しならKU歯科クリニック

インプラント

インプラント治療のストレスを少なくする

・初診時

・インプラント埋入手術後

永久歯の本数が足りない方が増えています。
こちらの患者様は上顎2本下顎1本の計3本が不足。
上顎2本は数年前に抜歯してそのまま。
下顎の1本もいつ取れるかわからない状態。

患者様と相談し3本同時に1回で行うことになった。
同時に行うことでメリットがたくさんあるんです。

上顎2本欠損部分は共に骨量不足…。
特に5番は垂直的に2ミリほどしかない。
少し前なら頬骨側壁から大掛かりな骨造成し、
2回に分けて行う難しいケースだった。

しかし今回は2本同時に行うので、
小さな穴から上顎洞粘膜を挙上できた。
慎重にマレットで交互に槌打していくと、
10ミリ以上粘膜を挙上しスペースを確保。

その後通常なら下顎親知らず付近などから骨採取し、
人工材料と混和してそのスペースに充填するのだが、
今回は下顎のインプラント埋入時に骨採取できたので、
その骨を人工材料と混和し上顎洞底のスペースに充填。

埋入順序とその理由は、

①下顎第二小臼歯
骨採取をこの部位でしたいから
②上顎第一小臼歯
骨質によっては埋入不可の可能性もあるから
③上顎第一小臼歯
ある程度骨量もあって安定してるから

となる。

結果的に上顎小臼歯部には、
2本とも長さ10ミリを埋入できた。
骨造成量は10~15ミリと十分。
低侵襲骨造成としてはかなりの量である。

計画と工夫によってこのように低侵襲手術が可能です。
痛みと腫れの少ないインプラント治療を追求します。

KU歯科クリニック新宿院にて

関連記事

     

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内