インプラント治療

サイナスリフトで骨造成②

  上顎臼歯部3本欠損部分にインプラント治療を行います。 手前の4番目は問題ないですが奥の2本は骨量不足。 約2ミリほどの厚みしかありません。 なので奥はサイナスリフトを行いまず骨造成し、 改めてインプラントを埋入する2段階方式。 手前の4番は先端2ミリほどソケットリフトで挙上し埋入。 その時に採取した自家骨を人工材料に混和して、 サイナズリフトしてできた空間に骨造成。 約40分ほどのスムーズな手術でした。 できるだけ痛みや腫れを小さくしたいので、 まずミニマムな方法でできないかなと考えます。 インプラント治療を行う部位で骨量が十分にあることの方が少ない。 昔と違ってギリギリまで残しそう簡単に抜歯しませんからね。 なので抜歯になるということはかなり悪い状態。 当然厳しい状態のことが大半なのです。 もし「インプラントは無理…」と言われても簡単にあきらめずに、 複数の医院でご相談されてみて下さいね。 他院からの手術依頼 ↑ こちらも合わせてお読みください

関連記事

KU歯科のクリニック

クリニックのご案内