低侵襲サイナスリフト | KU歯科クリニック|インプラント、矯正歯科、審美・ホワイトニングなど歯科(歯医者)|東京(渋谷・新宿・銀座・青山【外苑前】・世田谷【三軒茶屋】・成城学園・品川【青物横丁】)

インプラント

低侵襲サイナスリフト

  上顎6番のインプラント治療。 厚みが3~4ミリほどなのでソケットリフトを選択することが多いのですが、 抜歯時に嚢胞でかなり歯槽骨がダメージを受けていたこともあるので、 側面から開窓し骨造成するサイナスリフトで行うことにした。 上顎洞粘膜を剥離する器具は極小タイプを使用し、、 横10mm弱、縦6mmほどの楕円形の極小開窓で行った。 剥離した後は歯槽頂側からの埋入部分を形成し、 オステオトームで周囲の軟らかい歯槽骨を圧迫。 ダメージが大きかったので粘膜が破れてないか目視で確認。 器具先端が開窓部分から見えるので安心感があります。 ノーベルアクティブ 直径5.0mm 長さ8.5mm 約20分ほどで極わずかな開窓の低侵襲サイナスリフトでした。 痛みや腫れの少ない低侵襲インプラント治療を追求します。 サイナスリフト ↑ こちらも合わせてお読みください

関連記事

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内