インプラント治療

入れ歯からインプラントへ?


患者様は66歳男性。
数年前に前歯と小臼歯の2本を失ったそうです。
取り外し式の入れ歯を使ってましたが違和感が大きく、
固定式の金属をかけている歯が歯肉退縮し虫歯にも。
写真でも黒くなってるのでわかるかと思います。

ご友人に相談したところインプラント治療を勧められ来院。
そのご友人の方は10年以上前に青山院でインプラント治療を行い、
今も定期的に検診クリーニングに来院されています。

初診時に様々な検査を行い2度目の来院時にクリーニング。
そして本日2か所同時にインプラント埋入手術です。


前歯にはフルラフサーフェスのインプラント。
側面だけでなく接合面にまでラフサーフェスがあります。

カムログ コーンログインプラント 直径3.8ミリx長さ11ミリ

高さ2ミリのヒーリングキャップを固定し4針縫合。
約15分ほどで終了。


小臼歯に固定の強固なタイプを使用しました。
上顎臼歯部は骨質が軟らかめなのでこういったタイプが良いです。
先端を上顎洞底の皮質骨に食い込ませています。

カムログ プログレッシブライン 直径3.8ミリx長さ11ミリ

高さ2ミリのヒーリングキャップを固定し4針縫合。
こちらも約15分ほどで終了。

初めてのインプラントオペがバラバラの2か所だった患者様。
予想よりも楽だったようで終了後に「年間どれくらいやってるんですか?」と質問されました。
通算約20000本以上でここ10年くらいは平均年700~800ほんくらいでしょうか…。

3か月後には入れ歯とおさらば。
固定式のインプラントで快適な口腔内になります。
お楽しみに。

どんな入れ歯でも入れ歯は入れ歯…

こちらも併せてお読みください。

お疲れさまでした。

関連記事

KU歯科のクリニック

クリニックのご案内