インプラントリカバリーの重要性 | KU歯科クリニック|インプラント、審美・ホワイトニング、矯正歯科、歯科(歯医者)を東京でお探しならKU歯科クリニックへ

インプラントトラブル

インプラントリカバリーの重要性

 

日本国民の1割以上がインプラント治療をしているそうだ。
失った歯を補う代替治療として選択肢の1つ歳て認知されたという事だろう。
術者の技術力や経験による結果の差が大きいが健康な歯に負担をかけないメリットは大きい。

一昔前の入れ歯から固定式を希望する一部の高齢者の治療法ではなく、
今や若い患者様が欠損補綴の第一選択として検討するのが当たり前の時代。
当然インプラント治療への期待もニーズも高くなる一方である。

「しっかり咬める」という最低条件。
「見た目が美しい」審美性も当然求められる。
更に「痛みや腫れを最小限に」という希望は強く、
当然ながら「安全性」の追求は必須である。
そしてもう1つ大切なものが「リカバリーとメインテナンス」。

人工物なので長期的に不具合は起こることもある。
その時にスマートに対応してもらいたいが大きな問題がある。
もちろんメインテナンスも欠かせない。
上部が緩んだり天然歯の歯周病のような炎症も起こり得る。

今世界中でインプラントメーカーは無数にあり、
日本国内で流通されてるものだけでも50近くあると言われている。
それぞれのコンセプトやパーツの企画がバラバラと言うこともあって、
今までは不具合が生じても「やってもらった医院」に行くしかなかった。
患者様からみたらインプラント治療は1つなのに、
歯科医院側から見たら自院で取り扱いのない別物なのである。

それでは困ります…。

様々な理由で遠方に転居される方もいらっしゃいますし、
ずっと同じところでお住まいでも歯科医院が変わってしまうこともある。
更にはメーカーのM&Aなどで取り扱いの窓口が代わるなんて事態も。

KU歯科クリニックは日本の首都東京の都心部にありますので、
様々なメーカー・システムのインプラント治療をされた患者様が来院されます。
海外で治療された方も来院されるので時には日本国内に取り扱いのないこともある。
目の前の人が困ってるのに「治療してもらった医院で相談してください」とは言いたくない。
そんなこともあり長年積極的に複数のインプラントメーカー・システムを取り扱ってきた。
主要なものをあげただけでこれだけあり極まれにしか使用しないマイナーなものも入れたら20以上…。
とにかく私もそうだがスタッフ達の知識の豊富さと器材管理がとても大変なのだ。

・ストローマン TL
・ストローマン    BL
・ストローマン BLT
・ノーベルバイオケア ブローネマルク
・ノーベルバイオケア リプレイス
・ノーベルバイオケア アクティブ
・ノーベルバイオケア パラレルCC
・カムログ コーンログ
・ジンマー バイオメット3i
・ジンマー スプライン
・ジンマー スクリューベント
・ジンマー スイスプラス
・デンツプライ アストラ
・デンツプライ ザイブ
・デンツプライ アンキロス
・デンツプライ フリアリット2
・SPI
・GC
・スウェーデンマルチナ
・POI

主要なものでこれくらい?

超高齢化社会に向かって「楽しい食生活」は欠かせない。
生きる喜びで考えたら食事は最も楽しいものかもしれない。
だから健康な歯はとてもとても重要なのです。

効率を考えたらかなり大変なのですが今後もこの考えを変えるつもりはなく、
メーカーうんぬんは関係なく「インプラント治療の信頼性の向上」のために、
更なるインプラントのサポート力をアップさせていきたいと思います。
クリニックロケーション的にそれは仕方ないのですからね。
誰かがやらなければなりません。

今日初診でご相談にいらした患者様が私のこういう考えに共感したと言われてましたので、
改めて分かりやすくKU歯科クリニックグループの考え方をお伝えいたしました。
パーツくらい互換性があるようになるといいんですけどねぇ…。

関連記事

     

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内