矯正用ミニインプラント | インプラント、矯正歯科、審美・ホワイトニングなど歯科(歯医者)を東京でお探しならKU歯科クリニック

矯正治療・マウスピース矯正(プレート矯正)

矯正用ミニインプラント


矯正治療にインプラントを利用するんです。

欠損部分に埋め込んだ通常のインプラントを、
矯正の固定源に使う場合はもちろんですが、
上の写真のように部分的にちょっと治したい場合。

インプラントを利用しすると大げさな矯正装置がシンプルなります。
また複数の複雑な歯根を持つ大臼歯の移動は非常に難しいので、
矯正用インプラントなしでは移動困難になる場合があります。

歯根膜という緩衝材がある天然歯よりも強固な固定をするインプラント。
インプラントをアンカーにした方が歯の移動もスピードアップします。
目的に合わせて様々な形態の矯正用インプラントがあるのです。

 

 

矯正用インプラントを埋め込むのは通常の局所麻酔で約5分ほど…。

腫れも痛みもほとんどないのでストレスはごくわずか。
今日は1年半矯正治療のアンカーとして使っていた矯正用インプラントを撤去しました。
この撤去も部分麻酔で2分で終わりました…。

・スピードアップ
・困難な方向への移動
・部分矯正の可能性アップ

様々な部分でメリットがありますので是非ご相談ください。
こんなところでもインプラントは活用されているのです。

関連記事

     

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内