矯正治療・マウスピース矯正(プレート矯正)

注目の取り外し可能なプレート矯正

大注目のプレート矯正。
ここ数年かなり注目されてきましたが、
実はかなり前から行われているのです。

プレート矯正と言えばインビザラインが最も有名。
1999年にアメリカ西海岸でスタートしたパイオニア。
当グループではまだ日本法人設立前から採用しており、
かれこれ15年以上の臨床実績があります。

現在ではスマイルトゥルーやクリアコレクトなど新たなシステムも。
アジアの隣国のシステム含め数多くのシステムの選択肢があります。
これから更にプレート矯正が注目されるのは間違いないでしょう。

取り外し可能な透明プレートで歯を移動させていくこの矯正。(写真上)
移動させたい位置にプレートを製作しておき装着すると、
歯に力がかかって矯正力がかかり自然に移動していくのです。

お出かけの時やイベントの際は自分で外せますし、
清掃もしやすいので虫歯や歯周病リスクが少ない。
これならやろうかな…と多くの患者様からお問い合わせを頂きます。

 

臼歯部の咬み合わせは問題ないけど前歯がデコボコ…。(写真上)

こんなケースにはとても有効です。
もちろん通常のワイヤー矯正でもいいですが、
前歯部分と範囲を絞ってプレート矯正という選択肢もありです。

移動させるには隙間が必要になりますので、
歯と歯の間にヤスリを入れてわずかな隙間を作ります。
その隙間を利用して本来の位置に歯を移動させていくのです。

もちろん神経などには全く影響のない範囲で。
麻酔も不要なので痛みはありません。

プレートは3~4週おきに新しいものに変えていきます。
新しいものに変えるごとに少し窮屈に感じますが、
3日もすると段々慣れてきます。

 

6か月後の口腔内写真(写真上)

前歯は歯根が単独なので悪くもなりやすいですが良くもなりやすい。
意外と早く動いていくので驚かれる患者様も多いのです。

1日24時間のうち最低15時間装着していただくことになります。
装着時間が長ければ長いほど矯正力がかかりますから移動が早い。
食事の時以外は装着したまま…と言う方も多いです。
意外と接近しないと気づかれないので生活への影響が少ないですね。

治療費は、

・片顎(上下どちらか)300000~500000円
・調整費用      5000~20000円
・保定装置      0~20000円

になります。
治療費や調整料に幅があるのは、
範囲やプレート数によって変わるからです。(全て税別)

ちなみに上記のケースは下前歯だけなので治療費は350000円(税別)。
その他検査料や診断料などは別途かかります。
通常のワイヤー矯正の料金の半分以下ですので、
そういう意味でも取り組みやすいと思います。

矯正治療は見た目の改善だけでなく咬合バランスを整え清掃もしやすくなります。
矯正治療中の虫歯処置や親知らずなどの抜歯なども全て当院で行えます。
もちろん小児矯正も予防処置と合わせてしっかり行います。
是非お気軽にご相談ください。

アライナー矯正の治療例

こちらも併せてお読みください

関連記事

KU歯科のクリニック

クリニックのご案内