矯正治療の後戻りについて | KU歯科クリニック|インプラント、矯正歯科、審美・ホワイトニングなど歯科(歯医者)|東京(渋谷・新宿・銀座・青山【外苑前】・世田谷【三軒茶屋】・成城学園・品川【青物横丁】)

矯正治療・マウスピース矯正(プレート矯正)

矯正治療の後戻りについて

長い時間かけて頑張って矯正治療したのにまたガタガタになった…。

こんな矯正治療の後戻りのご相談を多く受けます。
時間も費用もかけてせっかく綺麗になったのに残念です。

歯の移動は、歯を支持する歯槽骨の吸収(骨が溶ける)と、
添加(再生)の繰り返しによって行われます。
移動したい側の骨が溶けて歯根がそちらに動き、
動いた後の隙間に新しい骨ができるの繰り返し。
歯だけが移動していくのではなくそれを支える骨と歯肉も一緒に移動していくのです。
矯正治療中に歯がグラグラしているのはそのせいで、
移動量が大きいケースであればあるほど後戻りしやすいのです。

後戻りの原因としては、
・骨格の歪みを残したまま矯正したケース
・無理に非抜歯(歯を抜かない)矯正したケース
・矯正終了後のかみ合わせが悪い
・歯根が傾斜して並んでいる
などなど。

診断・治療計画が不十分だと一時的には綺麗に並びますが、
やはり根本的な問題を解決できていないと元に戻りやすいのです。

対処法としてはまず保定装置をきちんと一定期間使用すること。
保定装置は治療終了後の不安定な状態を安定させる目的のもので、
取り外しの装置と固定式のものと様々な形態があります。
保定期間はケースによって違いますが約1年~3年(平均2年)。

それでも後戻りして歯列が乱れてしまったという場合には、
再度、矯正治療を行うことをお勧めします。

せっかく費用も時間もかけて矯正したのにまた?

後戻りであれば、早期に対応すれば簡単に治ることが多く、
ワイヤーで行った矯正だとしてもマウスピースで可能なことが大半。
できるだけ早いほうが簡単に戻せますので早めにご相談ください。

またKU歯科クリニックでは「後戻りプラン」と言うことで、
通常の矯正治療よりも安価な設定があります。
お気軽にご相談ください。

Instagramに
KU歯科クリニック公式アカウント(@kudc_tokyo)
できました。↑

こちらでは、最も興味のある「参考症例写真」や「最新歯科情報」
を数多く掲載しており日々アップしております。
是非ご登録くださいね。

KU歯科クリニック

関連記事

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内