インプラント矯正の有効性 | KU歯科クリニック|インプラント、矯正歯科、審美・ホワイトニングなど歯科(歯医者)|東京 渋谷・新宿・銀座・青山一丁目外苑前・三軒茶屋【世田谷】・成城学園・品川【青物横丁】

矯正治療・マウスピース矯正(プレート矯正)

インプラント矯正の有効性

先日アップしたインプラント矯正。
多くの方からお問い合わせをいただいております。
まだまだ研究段階の治療法とかではなく、
もうかなり昔から行われているのです。

当医院でも10年以上経過するでしょうか。
SMAP、K-1などいろいろな装置がありました。

約1年かけて傾斜してしまった大臼歯を起こし、
適切なスペースを作ってから欠損部にインプラント。(写真上)
青いライン付近を見ると奥の歯がどれくらい移動したかわかると思います。

インプラント矯正には様々な利点があります。
ワイヤー矯正だけでは難しい方向への移動。
例えば今回のケースは起こしながら深く埋め込みたい。
そうなると低い位置から引っ張りたいですが、
通常の装置ではその方向の力を加えられません。
こんな時インプラントは有効なのです。

インプラント矯正がない時代は、
上記のような大掛かりな装置が必要でした。
他にもいろいろありますが似たようなものです。

お口の中でかなり違和感がありますよね。

インプラントを利用した矯正ですと、
このようなシンプルな装置になります。
動かしたい方向に小さな細いインプラントを入れ、
即日その場からゴムで引っ張ります。
ゴムの弾性が亡くなったら交換するだけ。

たくさんの患者様からご相談のメールを頂きましたので、
再度わかりやすくご説明させていただきました。

インプラント治療と矯正治療を複合的に行う

こちらも併せてお読みください

関連記事

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内