人命救助 | KU歯科クリニック|インプラント、矯正歯科、審美・ホワイトニングなど歯科(歯医者)|東京(渋谷・新宿・銀座・青山【外苑前】・世田谷【三軒茶屋】・成城学園・品川【青物横丁】)

安全対策

人命救助

20130606-133951.jpg

 

人生はまさかの連続。

この前ある人に数年前にあんなことがあったよね…

って言われ思い出した。

それは6年前の4月後半の暑い日。
私はいつも通り渋谷院に出勤した。
クリニックは9時から始まるのだか、
その日は朝から電話がたてこみギリギリ。

裏口のドアを開けるとすぐ、
「先生、すぐ来て!」
と、受付スタッフが迫ってきた。
なんだなんだ???

「道路で人が倒れてるから…」

そのままクリニックを裏口から表玄関にスルーし、
神泉方向をみると物凄い人集りが…。

国道246号線沿いの歩道hあ朝の通勤ラッシュ。
ものすごい人混みをかき分け現場に到着すると、
私と同じくらいの年の男性が倒れていた。
頭から血を流しており全く動かない。

脈もとれないし呼吸もない…。
沢山の人ごみの中で気道確保し心臓マッサージ。
スタッフに医院からAEDを持ってくるように指示。
心臓マッサージをひたすら続ける。

そんな事をしてる間にサイレンと共に救急車が到着。

救急隊と一緒にAEDで電気ショックを行った後、
その方を救急車に乗せた…。

考える時間もなく、
準備する余裕もなく、
まさに1分1秒が生死を分ける。
こんなまさかの場面に遭遇するなんて…。

そして後日消防署で感謝状を頂いたのです。

「来月から職場復帰する事になりました」

その男性の上司の方から連絡を頂いた。

3日後に心肺は正常に戻ったが意識がまだだと。
低体温療法を行い様子をみているとのことだった。
2週間後に意識が戻り、ついでに心臓手術をするのだと。
元々弱かった心臓の冠動脈を正常にする目的だそうだ。
そしてようやく院内のリハビリもひと段落し、
今は職場復帰に向けて自宅療養中。

本当に嬉しい報告でした。

1年半前に母校日本歯科大学の卒後研修で、
麻酔科主催の救急蘇生のコースに参加した。
AHAというアメリカの救急蘇生団体の医療従事者向けのコースは、
講義、実習、試験を1日がかりで行うハードな内容。
でも、一緒に連れて行ったスタッフも勉強になったと喜んでいた。

しかし、偶然か必然か…。
こんなことってあるのだろうか。
振り返ると、1年半前の救急蘇生コースの参加は、
この日のための訓練だったような気がしてならない。

人生全ての出来事に意味がある

って思うから、
きっとこの方を助けるために私はその訓練をしたのだと。
でなければあんなに冷静に対応できたかもわからない。

人生いつ何時、どんなまさかが起きるかわかりません。

平常時はちゃんとできて当たり前。
まさか出来事が唐突に起きた時に、
いかに冷静かつスピーディーに適切な対応をとれるか。
これがその後の人生を決めるのだと思う。

 

関連記事

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内