歯根端切除 | KU歯科クリニック|インプラント、審美・ホワイトニング、矯正歯科、歯科(歯医者)を東京でお探しならKU歯科クリニックへ

診療風景

歯根端切除

歯根の先に大きな膿ができ再神経治療が困難な場合。
歯根に亀裂がなく歯周ポケットとつながった嚢胞でない場合。

この歯根端切除術の適応になる。(写真上)

安易に抜歯してしまう歯科医院もあるが、
可能な限り自分の天然歯の保存に努めたい。
そんな歯牙保存の為の終手段となります。

外科的に嚢胞摘出し同時に歯根の一部を切断除去。
同時に切断面からの根菅封鎖も行います。
手術用顕微鏡を使用して嚢胞の取り残しをなくす。

材料や器材が進化したので一昔前と比べ予後が良くなり再発も少ない。
ただし歯根は短くなるので咬合力負担に耐えられなくなることはある。
もちろん保存に努めるが周囲への悪影響の範囲によっては保存不可能なことも。

とにかく大きな症状なく慢性的に進行するので注意が必要なのです。
定期検診時に歯科衛生士による口腔内検査でも歯肉を見ればすぐ発見できる。
2次元のレントゲンでも骨吸収している部分が透過像となるのですぐわかります。

むずむず痛痒いような感じがする
強く噛めない・咬むと痛みがある
歯肉に水疱上の腫れがある

当医院ではこの歯根端切除+嚢胞摘出を数多く行っています。
保険診療で行う場合と自費診療で行う場合で若干内容が異なります。
詳しくは1度ご相談にいらししてください。

画像:株式会社モリタ

 

 

関連記事

     

KU歯科クリニック東京

クリニックのご案内