診療風景

CTによる3次元画像の必要性

子供の頃強打した前歯。

何度か腫れて神経治療を繰り返し行い、
ごまかしごまかし使ってきたそうです。
ここ最近急に揺れが酷くなって心配になったと、
ご紹介で銀座院に来院されました。

上の写真は通常の2次元のレントゲン写真。(写真上)
根尖はやや短くなって胴体部も透けて見えます。
しかしこの写真だけでは状況を正確につかめない。
2次元では前後重なった部分がよくわらないのです。

これはCTの3次元画像の側面。

唇側にあるはずの骨は完全に溶けてなくなり、
歯根は真っ二つに折れその周囲の骨もない。
一部のわずかな歯質がまだつながっており、
ブラブラしてるだけなのでしょう。

こちらは横スライスで上から見たCT画像。

画面右から2番目が問題の歯ですが、
両隣の歯にある唇側の硬い骨がありません。
歯根周囲に向かって陥没してる状態。
かなりのダメージです。

このように2次元と3次元では情報量に大きな差があり、
2次元だけだと正確な診断ができない場合もあるのです。

日本の歯科医院のCT普及率は世界一とも言われてますので、
「歯科ドッグ」などで3次元的に全ての歯をチェックしてください。
KU歯科クリニックグループは7医院全てにCTが完備。
即日CT撮影しその場で精密診断の結果をお伝え出来ます。

是非ご相談ください。

関連記事

KU歯科のクリニック

クリニックのご案内