インプラント研修

学術講演会 in 釧路

釧路市歯科医師会と日本歯科大学北海道校友会道東支部主催の学術講演会に呼んでいただきました。
前回呼んでいただいたのは平成24年になりますのでなんとなんと9年ぶりになります。

テーマは

インプラント治療のトラブルを断りますか?
~不具合から学ぶインプラント治療の最適化を考える~

と歯科医師会主催のテーマとしてはかなりレアなもの。

日本国内でもすでに2500~3000万人の方がインプラント治療を行っていると言われてます。
今やもう歯科医師にとって、「インプラントはわかりません…」では済まされない時代。
歯科医師の仕事の半分以上が前にどなたかが行った治療のやり直しであることを考えると、
せめてメジャーシステムの上部構造のリペアや交換などは最低限できなければなりません。

様々なトラブルの原因を検証していくことで逆に成功するための重要ポイントがわかってくる。
そして、今よりもっと短期間で痛みや腫れの少ない安全なインプラント治療を追求していくと、
安易に抜歯せずに保存不可能な歯であってもその組織を利用して組織再生を図ることができる。
生体の持つ再生能力を最大限に利用した低侵襲組織再生療法を紹介させていただきました。

感染対策で会場でのリアル聴講は人数制限されてたのでZOOMとのハイブリッド開催。
主催者の釧路市歯科医師会としても久しぶりの学術講演会だったようですが盛況で良かった。
忙しいところ遠方からわざわざ足を運んでくれた先生方もありがとうございました。
可愛い後輩たちや久しぶりにお会いする先輩方ともお話できて本当に充実した釧路講演でした。

私個人的にも、飛行機に乗るのも、お酒を飲むのも、歌を歌うのも約1年半ぶり。
人生3度目の釧路は色々思い出深いものになりました。
4度目はあるのかな…。

札幌では今年初めての雪が降りましたが、釧路は寒いだけで雪はなし…。
釧路の皆さん、本当にありがとうございました。

他院で行ったインプラント治療のリカバリー

こちらも併せてお読みください

関連記事

KU歯科のクリニック

クリニックのご案内