インプラントトラブル

30年経過のインプラント

KU歯科クリニックグループでは、
新たにインプラント治療を行うだけでなく、
過去に行ったインプラントのリカバリーも行います。

他の先生が行ったインプラントは触らない…

こういった先生が大半だと思いますが、
歯科医の仕事の半分は過去に誰かが行った治療のリカバリー。
インプラントだって同じだと思います。

東京都心部で開業しているからか昔から様々なインプラントの相談が多く、
すでになくなっているシステムや日本に代理店もない海外メーカーなことも。
本当に苦労することも多いですが誰かがやらなければなりません。

先日ご相談にいらした患者様のパノラマレントゲン。(写真上)
30年以上前に行ったインプラントは残っていまずが、
他の歯があちこちダメになってしまったという御相談…。

欠損を放置したまま時間が経過しているそうで何とかしてほしいと。

右上は天然歯とインプラントをつないだ仮歯のままになっており、
1番奥の歯は失ったままの状態です。
そして注目すべきは左下の奥の2本のうち奥のインプラント。
これはインプラントボディの半分が中空のタイプでかなり古いもの。
時間が経過するとこの空間に成熟した骨が絡みつく構造です。
現在は2本とも骨吸収もなくしっかり安定してますが、
このかみ合わせのアンバランス状態が続いてしまうと、
中空部分と充実部分の間で破折してしまう可能性がとても大きい。
もしそうなった場合除去するのが本当に困難なタイプなので、
一刻も早く咬合バランスを整えたい状況です…。

前回も書きましたが、
一生一人の歯科医に担当してもらうなんて物理的に不可能
なんですよね…。

また専門性も細分化されてきているので、
全てを1つの歯科医院でなくかかりつけを複数で
なんてこともありではないかと。

ご自分の生活ロケーションや口腔環境に合わせて、
普段の3か月に1度のチェック&ケアはご近所で。
インプラントなどの特殊な治療は専門医に年1回。
こんな患者様…当医院には意外と多いんです。

古いインプラントのトラブル
他院で行ったインプラントのメンテナンス

お気軽にご相談ください!

関連記事

KU歯科のクリニック

クリニックのご案内